法事/法要の引き出物・お菓子(引き菓子)について

故人を偲ぶ儀式、法事。そんな法事に参列してくださった方へ、お礼の気持ちを込めて手渡すのが法事の引き出物です。 昔は様々なしきたりがあった法事の引き出物も、最近では比較的自由にその内容が決められるようになっています。 特に消耗品でお受取りになる方の好き嫌いが比較的少ない品、お茶海苔、または洗剤などが人気があるようです。 また、最近ではお好みの品を選べて軽量で荷物にならないカタログギフトも人気を集めています。 ご予算は3,000〜5,000円程度が一般的です。また、法事に参列して頂けなかった方でも、お供えやお香料 などを届けてくださった方にはお返しをお渡しするようにします。本来は直接お宅にお届けし、法事が滞りなく 済んだことをご報告するものですが、近年は発送する場合も少なくありません。

引き出物の意味合い 見出し一般的な引き出物の意味合い

お茶 お茶を飲みながら故人を偲ぶという意味を込めて、香典返しにする習慣が残っています。
砂糖 仏の世界へ白装束で旅経つという意味と慈愛を表す意味で利用される。また消耗品であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させるという意味から使われます。
寝具・マット 仏の世界への旅経ちに白装束がつかかれることでその流れがシーツやタオル。毛布へと形を変えて現代に引き継がれています。
石鹸・洗剤 不幸を洗い流すという意味と実用品としても喜ばれることから利用されています
金物品 光ものは昔から魔除けとして用いらていた風習からステンレス・アルミ・銅製品などが利用されます
陶器 昔は埋葬してたという習慣から人間は土に帰るという意味を含めて選ばれます
漆器 不幸を塗りつぶすという意味と白木から色直しをするので二度と不幸が起こらないように願いを込めて選ばれています

法事のお菓子(引菓子)見出し法事・法要の引き菓子とは
法事のお菓子

引き菓子は列席者へ引き出物と一緒に持ち帰っていただくお菓子のことです。お膳のお裾分けの意味があり、列席者が 帰宅後、家族と分かち合うためのお土産的な意味合いがあり、引き出物と一緒にお付けするのをおすすめします。 (引き出物と引き菓子を合わせて3〜5品用意する地域もあるようです)


のしについて 見出しのしについて

一般的には法事引き出物ののしは、蓮入り結切か蓮なし結切もしくは黄白ののしを用意します。表書きは「志」「粗供養」などとし、下段には施主名や「○○家」という喪家の姓を記します。また、四十九日法事の引き出物には黒白結びきりの水引に「満中陰志」「忌明志」と書きます。(地域によって異なります) 詳しくはのしについてをご参照ください。

ページトップへ