キリスト教・神式の法要のマナー(流れ・のしなど)

キリスト教式

キリスト教式の場合の法要は、追悼ミサと呼ばれます。3日目、7日目、一ケ月目、(場合によって、1年後も)に行なわれます。 追悼ミサは教会で行い、近親者のほか、故人ととくに親しかった方々を招きます。聖歌の合唱、聖書の朗読、祈祷などが行われます。 なお、教会への謝礼は、教会への寄付の意味を持つものですから、金額の基準はありません。 「謝礼」「献金」などとし、相応の金額を包みます。


追悼ミサ(ついとうみさ)

3日目:教会で記念の式典が行なわれます。遺族、親族、友人、知人などが参列。牧師による祈りや、聖歌斉唱のあと、茶話会が行なわれることが多いようです。茶話会は、ふつう、教会の別室などで執り行われます。ミサの規模は1年後の命日に行なわれる記念ミサが最大となります。 

7日目:追悼ミサ(ついとうみさ)プロテスタントでは昇天記念日

1か月目:記念ミサ

1年目:万聖節の翌日である11月2日に行なわれる死者の記念日を万霊節といいます。

万霊節(ばんれいせつ):毎年11月2日
教会に信者が集まり、これまでに召されたすべての信者を追悼するミサを行ないます。ミサが終了したら、お墓に花をお供えします 。

キリスト教・神式 引き出物の熨斗 見出しキリスト教・神式 引き出物の熨斗

のしは黄白のしに表書きは、「偲び草」「○日祭」(50日祭や一年祭)などが一般的です。下段には施主名を記します。 詳しくはのしについてをご参照ください。


神式

神式の場合霊祭(みたままつり)を行う日を斎日(いみび)といい、故人の死亡した日から数えて十日ごとに行います。 主な霊祭は、10日後、50日後、1年後、三年後、五年後、十年後に行なわれます。 霊祭は神社ではなく、自宅、墓前、斉場で行います。百日祭までの霊祭は、墓前または祭壇に故人の好物などを供え、 神官に祝詞(のりと)奏上をしてもらい玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの神事を行います。 また、忌中は、家庭にある神棚には、白布や白半紙をかけ、神棚へのお供えや参拝はお休みします。 正月の参拝も、門松やしめ飾りも遠慮します。 50日を過ぎれば、神棚、御霊舎あるいは粗霊舎などに貼った白半紙や白布をはずし、御霊舎に御霊をお祭りします。


 祝詞(のりと)とは…

神官が故人の経歴や人柄、社会的な功績を述べ、祖霊となって遺族を守るように祈ること。

 玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは…

仏式の焼香にあたる儀式で、榊(さかき)の枝に紙片がついた玉串を祭壇に捧げます。神霊が宿っているとされ、故人の霊を慰めます。

 御霊舎(みたまや)とは…

仏式でいう仏壇にあたるもの。祖先の霊が鎮まる霊璽を納めるところです。

ページトップへ