年忌法要のマナー(早見用・引き出物・のしなど)



年忌法要は、年回法要ともいい、一般に法事と呼ばれているものです。一般には、死亡した翌年に行う「一周忌」を はじめに、翌々年に行う「三回忌」、「七回忌」、「十三回忌」、「十七回忌」、「二十三回忌」、「二十七回忌」、「三十三回忌」 と行います。
日本では古来から、人間が成人式のような通過儀礼を繰り返しながら一人前になるように、先祖の霊も何年か ごとに儀式をすることで一人前の先祖霊=神になると考えてきたからでしょう。 一般には「三十三回忌」、場合によっては「五十回忌」を最終の年忌にすることが多く、これを「弔い上げ」、「門切り」と呼びます。 故人の霊は完全に清浄になって、極楽往生できるようになるという意味の法要です。 この時、寄進永代供養をする場合が多いようです。


年忌法要 見出し年忌法要早見表



一周忌 三回忌 七回忌 十三回忌 二十三回忌 二十七回忌 三十三回忌 五十回忌
H12年 H11年没 H10年没 H6年没 S63年没 S53年没 S49年没 S43年没 S26年没
H13年 H12年没 H11年没 H7年没 H元年没 S54年没 S50年没 S44年没 S27年没
H14年 H13年没 H12年没 H8年没 H2年没 S55年没 S51年没 S45年没 S28年没
H15年 H14年没 H13年没 H9年没 H3年没 S56年没 S52年没 S46年没 S29年没
H16年 H15年没 H14年没 H10年没 H4年没 S57年没 S53年没 H47年没 H30年没
H17年 H16年没 H15年没 H11年没 H5年没 S58年没 S54年没 S48年没 S31年没
H18年 H17年没 H16年没 H12年没 H6年没 S59年没 S55年没 S49年没 S32年没
H19年 H18年没 H17年没 H13年没 H7年没 S60年没 S56年没 S50年没 S33年没
H20年 H19年没 H18年没 H14年没 H8年没 S61年没 S57年没 S51年没 S34年没
H21年 H20年没 H19年没 H15年没 H9年没 S62年没 S58年没 S52年没 S35年没
H22年 H21年没 H20年没 H16年没 H10年没 S63年没 S59年没 S53年没 S36年没
H23年 H22年没 H21年没 H17年没 H11年没 H元年没 S60年没 S54年没 S37年没
H24年 H23年没 H22年没 H18年没 H12年没 H2年没 S61年没 S55年没 S38年没
H25年 H24年没 H23年没 H19年没 H13年没 H3年没 S62年没 S56年没 S39年没
H26年 H25年没 H24年没 H20年没 H14年没 H4年没 S63年没 S57年没 S40年没

年忌法要 引き出物の熨斗 見出し年忌法要 引き出物の熨斗

のしの水引きは、蓮入り結切か蓮なし結切もしくは黄白ののしを用意します。 引出物ののしの表書きは、「法要名」(一周忌・三回忌)や「粗供養」「志」などが一般的です。下段には施主名や「○○家」という喪家の姓を記します。
※地域や宗教にによって異なることがあります。 詳しくはのしについてをご参照ください。


 寄進とは…

ものを「寄せまいらせる」の意であり、寺院や神社などに土地や金銭、財物を寄付すること。この場合ののしの表書きは「奉納」、 「御寄進」「献進」「献供」等で紅白5本(蝶結び)、または奉書で包みます。品物は目録にして献じます。

 永代供養とは…

お墓参りができない、あるいはしてくれる人がいなくても、お寺で永代にわたる供養・管理を約束してくれる供養の事です。

ページトップへ