香典返しのマナー(時期・目安・品物・のしなど)


通夜や告別式にご参列下さった方などからいただいたお香典に対し忌明けの法事や納骨法要が無事終わったご報告とお礼をかねてお贈りします。四十九日の法要の後にお返しする意味は、「葬儀のときにいただいた(あなたの)香典のおかげで四十九日の間、お香を欠かすことなく供養することができました。お陰様で、これを持ちまして故人も無事、浄土へ往生することができることでしょう。「ありがとうございました」という感謝のこころを表します。生前にお世話になった方や、鄭重(ていちょう)にご会葬下さった方へは感謝の気持ちを込めて素敵なギフトを選びたいものです。


香典返しの時期 見出し香典返しの時期


◇仏式

七七忌(四十九日)の法要をもって忌明けを迎え、忌が明けるということから、忌明け後に、供物、供花、香典を 頂いた方全員に、無事忌明けを迎えたお礼として品を贈ります。なお、忌中が3ヶ月に渡る場合は、切り上げで 五七忌(三十五日)をもって忌明けの法要を行うところもあります。


◇神式

一般的に、50日目の霊前祭(50日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その後にお礼の品を贈ります。 なお、仏式同様に、3ヶ月に渡る場合は、切り上げて30日祭でも良いとされています。


◇キリスト教

本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習にあわせて行っているようです。 仏教でいう忌明けは、カトリックでは、30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヶ月後の召天記念会となり、 その後に記念の品を贈ります。


香典返しの目安 見出し香典返しの目安

従来のしきたりでは「半返し」といって、香典を額の半分くらいのご予算でお返しをする場合が多いようです。 しかし、一家の主人が無くなった場合などは3〜4割くらいのご予算でお返しをされる事もあります。 また、最近では、「即日返し」も多くなりました。 「即日返し」とは、告別式当日に、香典返しを渡してしまう事です。 この場合、用意しておいた香典返しが、いただいた香典に見合わない方へは 後日改めてお礼の品をお届けするのが一般的です。 時々、葬儀の時に「即日返し」を一律で返したから、香典返しはしなくてもいいの とお尋ねになるお客様がいらっしゃいますが、前述しました、生前お世話になった方や 鄭重にご会葬頂いた方(特に高額の香典を頂いた方)には忌明けのご挨拶もかねて 頂いた香典の約半分の金額から「即日返し」のご予算分を差し引いた金額ぐらいで返礼を お考えになられるお客様が一般的になりつつあります。
※地域によっても習慣が違ってきますので気になられる方は、地域のお世話役の方や ご親戚の方に聞いてみることをおすすめします。


香典返しの品物 見出し香典返しによく使われる品物について

香典返しは、不祝儀のお返し・お礼なので、縁起を担いで石鹸やお茶などのあとに残らないもの (消えて無くなるもの)が良いとされます。他には、実用品としてタオルやハンカチなどのご注文をよく頂いています。ここ数年は、お好みの品が選べて荷物にならないカタログギフトなどもよく利用されています。最新の香典返しの人気の品物は、「香典返しe-shop」の人気ランキングをご覧ください。


香典返しに人気のベスト5

 ご一同様でいただいた場合の香典返し…

会社名義や団体名でいただいた場合はみなさんで召し上がっていただけるお菓子やコーヒー、お茶をお返しすることが多いようです。ただし、金額が個々人でいただく額と変わらないようであれば個別に お返ししたほうがいいでしょう。


 のしについて…

のし紙は蓮入り結切か蓮なし結切もしくは黄白ののしを用意します。一般的には「志」とし、水引の下には喪家の 性を書きます。表書きは宗教で異なり、仏式では「忌明け」「満中陰志」「粗供養」などとも書き、神式では「偲び草」 あるいは「今日志」、キリスト教では「偲び草」「召天記念」などと記します。詳しくは「香典返しe-shop のしについて」


香典返しの挨拶状 見出し香典返しに添える挨拶状とは

お世話になったお礼と四十九日法要・納骨が無事済んだことの報告の意味を込めて香典返しのお品に 挨拶状を添えてお渡しする礼状のことです 本来は先方にお伺いし、お目にかかった上でお礼を申し上げるのがマナーなのですが、直接伺ってお礼を申し上げ ることができないかわりにお礼状を添えて品物を送ります。詳しくは「香典返しe-shop 挨拶状について」


 会社で手渡しするとき…

お返しのタイミングは四十九日法要後に手渡しされる方が多いようですが、早めにお返しをしたいという 場合は葬儀後なるべく早く手渡しします。会社では本人がいないことも考慮して挨拶状は添えておきま しょう。


喪中はがき 見出し喪中ハガキも忘れずに

喪中はがきとは近親者で1年以内に不幸があった時に年賀状の交換を辞退する旨を伝える為に出す挨拶状が 年賀欠礼状(喪中はがき)です。通常、11月上旬から12月上旬までに届くように投函します。 郵便局の年賀状受付が始まる前に届くように出すのが礼儀です。また、喪中はがきの切手 (弔事用50円切手(葦の流水模様)は郵便局にてご購入できます。詳しくは「香典返しe-shop 喪中はがきについて」

ページトップへ